ロゴ

母国語を好きになる

日本語教師になるために必要なもの

教材

選べる授業方法

日本語教師として活躍するためには、知識と技術を身につけましょう。自分の目的に合わせてコースを選ぶことができます。

READ MORE
男性

教師になるために必要なスキルを身に付ける

知識や技術以外にも必要なのは、授業を進めていくときに使えるスキルです。そのスキルはどういったものでしょう・・・。

READ MORE

日本語が好きな人

母国語である日本語が好きだ!という人は日本語教師を目指して見ると良いでしょう。言葉の大切さや、日本語の美しさなどを再確認することができます。

新着情報

日本語教師について

勉強

仕事内容

日本語教師とは、母国語が日本語ではない人に対して日本語を教える人のことを言います。日本語を話すことのできる、日本人なら誰でも簡単にできると思う人もいますが実際には、簡単にできる仕事ではありません。その理由は、日本語は難しく私達日本人が今まで教わってきた、国文法を教えても理解できなかったり、習得できなかったりするためです。また、日本語教師は言葉だけではなく日本の文化や生活、日本人の考え方なども交えて教えなければいけません。ですので、担当する教師の力量によって、日本語の楽しさを教えることができるかどうか、生徒の意欲を高めることができるどうかが変わってきます。

目指すために必要な資格

日本語教師は、教員免許が必要ないため特定の条件をクリアすることで誰でも目指すことができます。教師を目指すためには日本語教育能力試験に合格するか、日本語教師になるための講座を420時間以上受講し修了しなければいけません。講座の受講を希望する人も試験合格を希望する人も、日本語養成学校で学ぶことができます。養成学校によってコースに分けれている場合もあるため、自分が希望する内容のコースを選びましょう。

学ぶ場所を探す

日本語教師を目指すなら、必要な知識などを学ぶことができる場所を探してみましょう。日本語教師になるための勉強が学べる場所は、日本には幾つもあります。インターネットなどで情報を集めて、自分が気になる学校を見つけてみましょう。気になる学校を見つけることができたら、次は資料請求や学校の口コミなどを参考に受講するかどうか検討してみてください。

受講して良かったと思ったこと

海外で活躍できる場所が増えた(30代:女性)

仕事にやりがいを感じることができず、悩んでいるときにこの仕事を知りました。なんとなく受講してみたら、日本語の楽しさを再確認することができ、海外で仕事ができるようになったので学べて良かったです。

日本語の美しさを再確認できた(40代:女性)

日本語についてもっと詳しく知りたい、外国の人にも日本語の美しさを伝えたいと思って受講しました。授業では、日本語の教え方以外にも日本文化を教わることができたので良かったです。

知ってるようで知らなかったことを学べました(30代:男性)

日本語教師になりたくて、受講したんですが授業の中では教え方以外にも日本の文化や生活・習慣などについても勉強しました。今まで知っているつもりでいた事が実は分かっていなかったという事に気づけたので良かったです。

子供にも丁寧な日本語を教えることができた(30代:女性)

日本語教師として働き始めて、少しした頃に子供ができました。子供が話すようになった時期に働いていたときの習慣で、先生みたいに教えていたんです。そしたら、子供が上手に綺麗な日本語を使うようになり嬉しかったです。

コミュニティが広がった(20代:女性)

日本語教師として働くことができたおかげで、色んな人と接する機会を増やすことができました。今では、外国の友達も増えて楽しく仕事もプライベートも過ごすことができています。

<PR>
働きながら日本語教師を目指す!
カリキュラムが自分で作れるスクールがある
広告募集中